調剤

山形県内初、日本で3番目のドライブスルー薬局。
インフルエンザなど、待合室での感染を防ぎます。
お子様など、チャイルドシート・ベビーシートに乗せたままお薬が受け取れます。
忙しい方は、事前にFAX送信ですぐ受け取れたり、乗ったまま処方箋を預け後で取りに来ることもできます。

山形県で二番目に「健康サポート薬局」を届け出。

受け入れ実績の医療機関

笹井内科クリニック様 早川小児科様 米沢市立病院様 三友堂病院様 舟山病院様 置賜総合病院様 山大附属病院様 島田皮膚科医院様 泉町クリニック様 石山内科クリニック様 石橋医院様 酒井耳鼻咽喉科様 もり医院様 さの医院様 古川医院様 羅医院様 こころの病院様 ささきクリニック様 中條医院様 こせき小児科・こせき腎泌尿器科様 米沢眼科様 金池クリニック様 堀内医院様、、、


薬剤師 今村 恒

看護師さんの為薬剤師が作った制汗剤 誕生

薬剤師の作った制汗材が楽天部門上位を独占

 

山形県米沢市で2店舗を展開する薬局、まるき薬局(有限会社快誠堂、代表取締役薬剤師:今村 恒)は、塩化アルミニウム13%配合の制汗剤『オドジェルミスト』を2016年3月14日(月)に実店舗と通販サイト、楽天ショップ、Yahoo!ショッピング、Amazon.co.jpにて発売します。本商品は、2012年4月~6月に楽天ランキングのデオドラント部門 第1位を獲得した商品の進化版です。

漢方薬での便秘予防

便秘は、生活習慣が原因で起こっている場合が多く、
便秘の解消および予防をするためには、生活習慣の改善が一番です。

しかし、忙しい現代人にとって、生活習慣の改善は非常に難しく、
緊急避難のため、市販の便秘薬に頼っている方が実際は多いという現状があります。

たしかに、市販の便秘薬はすぐに効果が出る優れモノですが、
強制的に薬剤の力で便を排出するため、身体への負担も大きく、
便秘の症状を解消することはできても、便秘の予防をすることはできません。

漢方薬をおすすめする理由

便秘の予防策として、身体への負担が少なくおすすめな方法は、
中国から日本に伝わり、長い歴史を持つ伝統医学薬、漢方薬を利用する方法です。

漢方薬は、人間本来の自然治癒力を高めることによって、根本から病気を治すという概念の元、
原料はすべて、天然由来の草の根や木の皮が使われており、
重篤な副作用の心配も少なく、便秘予防薬として安全に飲み続けることができます。

いくつかの種類には限定されますが、子供や妊婦でも便秘の予防薬として服用可能です。

漢方薬と市販薬の違い

市販の便秘薬とは違い、漢方薬は年齢や体質、身体の症状にあったものを飲むことになります。

症状の緩和だけでなく、体質の改善による病気治療が目的ですから、
自分の便秘タイプに合わせた漢方薬を処方してもらいましょう。

漢方薬の購入方法

病院での医師による便秘予防用漢方薬の処方が難しい場合は、
ドラッグストアやインターネットの通信販売で購入することも可能です。

通信販売のページに、どのような症状の方に効くのか漢方薬の説明があると思いますので、
そちらの情報を参考に、自分に合う便秘予防用漢方薬を探してみてください。

自分の便秘タイプがわからない人は、
様々な生薬が配合されている総合タイプの漢方便秘薬から試してみると良いでしょう。

 

最後に、漢方薬は市販薬と違い、効果がゆっくりと現れるものです。
すぐに効果が出ないからとあきらめず、最低でも2週間以上は飲み続けるようにしましょう。

市販便秘薬と漢方薬の違い

女性の半数以上が悩んでいるとされる便秘症は、
長く症状が続くと、ニキビなどの肌荒れや口臭、ゲップ等の原因となるや厄介な病気です。

そのため、便秘解消用の市販薬を常用している女性も多く、
市販便秘薬を使わないと便が出ないという方が増えてきています。

しかし、無理やり便秘薬で出していては、いつまでも便秘は治りません。
便秘を本当の意味で改善するためには、便秘にならない体質作りが必須事項です。

便秘にならない体質にするには?

一般的に、便秘にならない体質を作るためには、ウォーキングやヨガなどの適度な運動、
こまめな水分摂取、お腹のマッサージや腸もみ等が有効だと言われています。

どうしても便秘状態が改善せず、薬に頼ろうと考えるのならば、
市販の便秘薬は避けて、生薬である漢方薬に変えましょう。

市販便秘薬と漢方薬の違いとは?

市販便秘薬と漢方薬の違いは、市販薬が薬剤で強制的に便を排出するのに対し、
漢方薬は、体質改善を改善することで便秘しにくい体質を作り、
結果としての便秘解消を目指しているという点です。

市販便秘薬は、確かにすぐ排便効果を発揮できるため、大変便利な薬ですが、
根本的治療には繋がらず、その場しのぎの便秘解消にしかなりません。
そのままの生活を続ければ、当然便秘症を繰り返してしまうことになるでしょう。

その点、漢方薬ならば、いきなり便秘解消とはいかなくとも、
飲み続けることで便秘しにくい体質となり、最終的に便秘症を治すことができます。

今すぐに便を出さなければならない、という緊急避難的な場合を除いて、
本当の意味での便秘改善を目指すならば、市販便秘薬はやめて漢方薬を飲むように心がけましょう。

便秘と漢方薬の関係

何日間も継続して排便がなかったり、たまに排便があっても、
その間隔が一定ではなく不均一な場合を、一般的に便秘症と呼びます。

便秘の症状は、放っておくと慢性化しやすく、
成人女性の50%以上が便秘経験者であると言われており、
慢性的な便秘症に悩んでいる方も意外に多いのではないでしょうか。

便秘症がずっと続いてしまうと、肌荒れや口臭、おならの原因となるため、
なるべくなら早めに症状を改善しておきたいものですよね。

便秘に漢方薬がおすすめな理由

そんな頑固で慢性的な便秘症状の改善には、
市販の便秘薬ではなく、天然成分で作られた漢方薬の服用がおすすめです。

慢性化したひどい便秘症の場合、市販の便秘薬では強制的に便を出すだけしかできず、
根本的な便秘体質の改善は期待できません。

その点、天然由来の漢方薬ならば、排便を促す効果があるだけでなく、
身体そのものに働きかけ、便秘しにくい体質に変えてくれます。

ただし、単に便秘症といっても、お腹が張るタイプ、便が固いタイプなど、
様々な症状があり、すべてが同じ原因ではありません。

体質改善による根本的便秘の解消を目指すのならば、
便秘の原因に働きかけてくれる最適な漢方薬を選ぶ必要があります。

原因別おすすめ漢方薬

大甘丸(だいかんがん)

食事の量が少なめで運動不足な方、高齢者の方の場合、
腸の動きが鈍いことが主な便秘症の原因です。

このような症状の場合には、大腸粘膜を刺激してくれる効果のある『大甘丸(だいかんがん)』がおすすめです。

麻子仁丸(ましにんがん

普段から水分を控えていたり、便意を良く我慢して便が固いタイプの方には、
30%の脂肪分を含有し、腸内をなめらかにしてくれる『麻子仁丸(ましにんがん』がおすすめです。

清営顆粒(せいえいかりゅう)

便秘だけでなく、のぼせや腹部膨張感、臭いおならに悩んでいる方は、
ジオウ、シャクヤク、オウゴン、ダイオウ、ボタンピ、サンシンの6種類の生薬を配合した、
『清営顆粒(せいえいかりゅう)』が他の症状も一緒に改善してくれおすすめです。

 

自分の便秘に効果のある漢方薬をベストパートナーにして、
慢性的便秘からの脱出を目指していきましょう。

便秘解消に使われる漢方薬

どうしても、自分の力で出せないようなひどい便秘症になってしまった場合、
便秘薬や浣腸などの薬品の力に頼って、無理やり便秘解消している方も多いのではないでしょうか。

便秘状態が長期間続くと、お腹の痛みやハリに悩まされ、日常生活や仕事に支障をきたす恐れもあり、
手軽に早く便秘解消できる便秘薬があると非常に便利です。

しかし、便秘薬を使った便秘解消法は、効き目が早く気軽に利用できる半面、
激しい腹痛や下痢などの副作用を伴う場合があり、
ある程度、薬剤を使う時と場所が制限されるというデメリットがあります。

そのような理由で便秘薬に抵抗がある方には、漢方薬を利用した便秘解消法がおすすめです。

■漢方薬の効果

薬剤を使った便秘解消法よりも効き目がゆるやかであるため、
ひどい腹痛や下痢などの副作用が起こりにくく、自然な排便を促してくれる効果が期待できます。

■漢方薬の種類とタイプ

便秘解消に使われる漢方薬には4種類有名なものがあります。
また、れぞれに効果のある便秘症タイプが異なっています。

A.三黄散(さんおうさん)

身体が常に熱っぽく、尿の色が濃いタイプの方

B.桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

普段から胃腸が弱く、腸の動きが鈍い方

C.潤腸湯(じゅんちょうとう)

普段から顔色が悪く、めまいを起こしやすい方

D.大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

どの症状にもあてはまらない便秘症全般

 

上記情報を参考に、便秘の原因となる症状や身体の状態、
どうして便秘症になったのかなどの原因と照らし合わせてから、
自分に適した種類の漢方薬を選ぶと良いでしょう。